ザ・インタビューは、佐野美代子が注目する人々にお話を聞く対談ムービーです。

「ザ・シークレット」ではアメリカの賢者が24人登場しますが、日本の賢者のお話もお聞きしたら面白いと思い、「ザ・インタビュー」を始めました。 私はビジネスの国際会議や精神世界の同時通訳20年で、第一線で活躍するリーダーの最新の教えを直々に学ぶことができました。今でも世界の最新情報を収集しようとする私の姿勢は変わりません。引き寄せの法則はアメリカの学校で科学的講義を通して学び、「ザ・シークレット」の翻訳もアメリカの権威あるモンロー研究所の公式アウトリーチ・ファシリテーターの資格(数少ない)も引き寄せました。そして、「人間意識と生命エネルギーの探求」をライフワークとしています。 成功者は運が良く、多才で特別な人と思いがちですが、責任が大きく、リスクや試練が多いのです。また、想像を絶する悲惨な過去があったりもします。それらを乗り越え、前向きな気持ちを持続し、素晴らしい仕事や健康、理想的な恋人や結婚相手、楽しい仲間や豊かさをどのようにして、引き寄せているのか、その秘訣をお聞きします。  今まで数多くの書物を読んで、セミナーに出たりしても、うまくいかなかった人も必ず何か気づきがあると思います。皆様には、もっと自己評価を上げ、壮大な人生を生きて頂きたいです。ヒントがたくさんありますので、ぜひ、「ザ・インタビュー」動画をご覧くださいね! 成功者の生の声、雰囲気、表情やエネルギーを直に感じていただければ嬉しいです。皆様からの感想やリクエストも大歓迎です。輝く人生を一緒に創造しましょう。新しい自分になるのです! 必ずできます!

佐野美代子

ザ・インタビュー 視聴のお申し込みについて

1.視聴には、ファンクラブ会員価格と一般価格があります。 2.ファンクラブの方は、会員価格での視聴ボタンを、一般の方は一般価格で視聴のボタンから視聴申し込みください。 3.会員でない方で、会員価格でご覧になりたい場合は、下のファンクラブ会員登録からお申し込みください。会員登録フォームの中に、会員価格での視聴申し込みがあります。 4.お申し込み後、お支払い方法などの詳しい案内が表示されます。お支払いは、銀行振り込みとペイパル※でのお支払いが可能です。 5.振込先やペイパルでのお支払い方法などは、お申し込み後にメールにてお送りさせていただきます。 6.さらに、ご入金確認後、視聴のためのURLやログインパスワードをメールにてお送りさせていただきます。

※ペイパルは、世界中で利用されている決済サービスです。ショッピングをする人、ビジネスをする人など、さまざまな方に、より便利で、より安心して決済できるサービスを提供しています。・口座開設、口座維持(月額利用料)、送金手数料が全て無料! ・世界190ヶ国以上で使用可能 ・設定が簡単。登録手続きはわずか数分。 ・支払先にクレジットカード番号などを知らせないので安全。

Vol.1 The interview

photo

森田 健さん  Ken Morita コンピューターソフト会社 社長 不思議研究所 主宰

森田健さんは不思議研究所所長としてアガスティアの葉、心霊治療、モンロー研究所、中国の道教、六爻占術、生まれ変わりの村など世界の不思議現象を徹底取材され、ご本人も貴重な体験を数々されています。その結果、ご自身の複雑骨折や鼻のゆがみも一瞬で治してしまい、数億円の豪邸も手にしました。『ワンネス』、『和』の映画監督としても世界的に活躍され、魅力あふれる右脳的な天才で、ご一緒にいるだけで幸せな気分になれます。

profile

1951年生まれ。上智大学電気電子工学科卒。富士通(株)を経て、コンピュータソフト会社を経営しながら不思議研究所を設立。「時空はなぜこうなっているのか」を解くために、数々の不思議現象を探求し、世界中を取材している。インド、フィリピン、ブラジル、中国にて、アガスティアの葉、サイババ、心霊治療、テレポーテーション、蘇生などを調査、科学的検証を行った。 1997年アメリカのモンロー研究所のへミシンクセミナーに日本人として初めて参加し、体外離脱を体験。トレーナーでもあるモンロー研究所所長ローリー・モンローが体脱してフォーカス27に置いてきたメモを一字一句間違えずに読み、参加者を驚かせた。2000年にはローリー・モンローを日本に招いて講演を行った。 また中国にて道教の導師の元、道教の修行を4年間体験し、中国道教教会より仙人ロープを授与される。これらの体験は3冊の本として出版された。『「私は結果」原因の世界への旅』には、私は「原因」ではなく「結果」であること、運命の原因は自分の内側ではなく、外側にあることが書かれている。へミシンクにおいてこの体験を得たのはフォーカス27にある「ドア」との遭遇だった『自分ひとりでは変われないあなたへ』は、蘇生超能力者の孫さんによる煮豆が蘇生した瞬間に遭遇したことから、運命変更にとって何が大切かということを解説。『ハンドルを手放せ』は、仙人修行の神髄「天人合一」の方法がわかりやすく書かれている。 2001年から中国の考古学者・王虎応が研究している占い・六爻占術を学び、運命と占いについての調査を始めた。2004年『運命を変える未来からの情報』にて六爻占術を紹介。「運命は決まっているが変えることができる」という説の元、具体的な手法を紹介。2008年より「生まれ変わりの村」をシリーズで発表。中国奥地に前世の記憶を持ったまま生活している人々の村があり、その人たちの証言を集めたドキュメンタリーとしてロングセラーとなっている。2009年、SF『神のなせる技なり』にて仮説を初めて小説形態で発表し、SF作家としてもデビュー。 2010年、『「母神」に包まれる方法』では、父なる神の概念を180度変えた「母神」の考え方を世に出す。母なる神は息子や娘たちに幸せになってもらいたくてサインを出し続けているという説は、王虎応が研究している「外応」とも結びつく。世界は「サイン」に満ちているというのだ。森田健の本を読んだ読者からは「生きるのが楽になった」という手紙が多い。2012年、「生まれ変わりの村」を原作とした映画「スープ」公開。

「スープ①」「風水で運命逆転」「『生まれ変わりの村』と映画『スープ』の世界」
「運命を変える未来からの情報・改訂版」
「生まれ変わりの村①②③」(以上、河出書房新社)
「観音さまから運をもらう方法」「『母神(ははなるかみ)』に包まれる方法」
「幸運の女神を味方にする方法」(以上、マガジンハウス)
「運命改善の不思議な旅 99の謎」「運命好転の不思議現象 99の謎」(以上、二見書房)
「奇跡が起きたパワースポット」「幸運の印を見つける方法」「神のなせる技なり」
「運を良くする」「あの世はどこにあるのか」(以上、アメーバブックス新社/幻冬舎)
「運命を変える未来からの情報」「『運命におまかせ』~いつも幸せを感じるあなたに~」
DVDブック「見るだけで運命が変わる!」DVDブック「究極のいい運命へ 神とつながれ」(以上、講談社)
「『私は結果』原因の世界への旅」「自分ひとりでは変われないあなたへ」

佐野美代子の会員サイト10月動画ダイジェスト版

image

視聴者の声 Voice of the Viewer

佐野様
生まれ変わりの村とモンロー研究所のお二人の対話を聞いていて、根底にすごく優しい愛を感じました。私は森田健さんのファンなので、森田健さんの著書も読んでいます。でも、実際に肉声で聞くのはやっぱりすごいです。佐野さんの笑い声と森田健さんのとっても楽しい話しっぷりが素敵です(笑)本当にこれを見るだけで、人生が豊かになると思います。生まれ変わることは苦しい道のりだと思っていたのが翻ります。生まれ変わりのお葬式はお祭り、これを知るだけで価値があります。死んでも祝福されるって、嬉しいと思います。また生きることを知ることで、今を大事に生きたくなります。神のことも知りたくなります。素敵なインタビュー、ありがとうございます。

何度も拝見しました。
佐野さんの紹介から、すぐに森田健さんの高らかな笑い声と笑顔、もうそこからノンストップの勢いで、すごく楽しかったです。たくさんのことを語られていて、どのお話も興味深くて、面白かったです。ドクターフリッツの「度胸」に目を白黒させてしまいました。佐野さんが森田健さんに「あぶないですよ、自分は絶対に死なないなんて、ダメです」という場面、佐野さんが素敵だなと思いました。孫さんの第六チャクラと引き寄せの前頭葉の共通点もすごいなと思いました。仙人修行で瞑想が妄想になるところを身振り手振りで見て、楽しかったです。引き寄せの法則を自然にやっているのが、森田健さんかもと思います。お話、全部、面白かったです。見る事ができて嬉しかったです。後編を楽しみにします(笑)

佐野美代子様
森田さんの動画は素晴らしかったです。森田さんの魅力が炸裂していて動画の最後まで良かったです。不思議な世界への好奇心、まだ知らない世界へワクワクしているピュアな心が美しくてすごく素敵だと思いました。インタビューの最中に、佐野美代子さんと森田さんで話が現実的になるところも素敵でした。本当に素敵な動画、森田さんへのインタビューを見ることが出来て、嬉しかったです。ありがとうございました。
M.Iより

森田さんへのインタビューはすっごく面白かったです!!不思議だと感じた事に、素直に首を突っ込んで、そして自分もどんどん磨いておられる方なのですね。感心しました。私もなんにでも首を突っ込むほうですが、レベルが違いました。素晴らしいです。次回が楽しみです。セミナーに参加できない分、こういうことで刺激を受けて、自分を磨いていきたいです。
M.S (海外)より